作成者別アーカイブ: japanfoodservice

ミスジとは?

こんにちは!
牛処 勇里庵です。

本日も当店自慢の希少部位の中から
ひとつご紹介したいと思います。

本日ご紹介するのは「ミスジ」

ミスジとは肩部分のお肉の種類で、
かなり希少、1頭から2~3kgほどしか取れない部位なんです。

肩部分の中にありながら
運動量がそこまで多くない部位のため、
肉質はやわらかく、美しい霜降りが楽しめます。

お肉のうまみ、甘味も抜群で
口の中でとろけるようなジューシー食感。

当店の希少部位の中でも人気の一品となっております。

当店自慢のA5常陸牛、
その中でもさらに希少なミスジ、
おいしくないわけがありません!

当店おすすめの一品です。
ご来店の際にはぜひお召し上がりください!

勇里庵 ~YURIAN~
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13176195/

ザブトンとは?

こんにちは!
牛処 勇里庵です。

本日は当店でも人気の希少部位についてご紹介したいと思います。

本日ご紹介するのは・・・「ザブトン」!
とはいってもお肉が正方形で平べったい、
というわけではありません。

ザブトンは肩ロースの部分の肉で、
1頭から約数kgほどしかとれない希少部位。
簡単にロースといっても、
細かい部位ごとに味わいがまた変わってくるものなんです。

きれいなサシが入ったお肉ですが、
脂のしつこさやいやみは全くなく、
上品で口のなかでとろけるような食感が特長です。

焼肉はもちろんですが、新鮮なものだと
刺身や寿司で提供されることも。

当店でも常陸牛1頭買いならでは、
もちろんご用意しております。
ただ希少部位だけあって売り切れ御免!
気になる方はぜひお早めにご注文くださいね!

勇里庵 ~YURIAN~
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13176195/

シャトーブリアンとは?

こんにちは!
牛処 勇里庵です。

牛肉の数ある部位の中でも、
おいしさ、人気、希少度が特にトップクラスなのが
「シャトーブリアン」。

幻の部位、とまで呼ばれています。

このシャトーブリアン、他の部位と
実際にはどう違うのでしょうか。

部位としてはフィレ(大腰筋)のあたり、
そのフィレの中のさらに肉質のよい中心部、
厳選された極わずかな一部分のみがシャトーブリアンと言われます。

また、そのおいしさの秘密ですが、
もともと牛肉は運動量の多い部位ほど
脂肪が無く筋肉質になります。

対してシャトーブリアンは部位の中でも
最も運動量の少ない部位。
さらには運動量が少ない=脂肪が多いと思われがちですが、
シャトーブリアンは脂肪がそれほど含まれておらず、
絶妙な加減の肉質になっているんです。

当店でもご用意していますが
もちろん数量限定。
まさに絶品の一品。機会がありましたらぜひお召し上がりください!

勇里庵 ~YURIAN~
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13176195/

常陸牛の魅力

こんにちは!
牛処 勇里庵です。

当店の一番の目玉といえば、やっぱり何といっても
A5ランク常陸牛の1頭買い。

常陸牛ならではの旨みと甘味が
おかげさまでご好評をいただいております。

この常陸牛ですが、
名前の通り「常陸の国」すなわち茨城県が誇る
高級ブランド牛。

茨城県の指定生産者にのみ飼育がされている牛で、
さらに厳しい審査に通ったもののみが
「常陸牛」のブランドを名乗ることができるんです。

とてもきめ細やかな肉質、
脂肪は適度な締まりがあり、
上質な霜降りが楽しめるのが特徴。

それを当店では1頭買いすることによって、
できるかぎりリーズナブルに、
そして1頭買いならではの希少部位の数々もご用意しております。

当店自慢のA5常陸牛。
当店へお越しの際はぜひお楽しみください!

勇里庵 ~YURIAN~
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13176195/

コムタンスープに関するうんちく

こんにちは!
牛処 勇里庵です。

当店では焼き肉によく合うスープにも力を入れています。
厳選したA5常陸牛をじっくりと煮出し、
すっきりとした後味と深いコクを持っているのが特長。

その中でも今おすすめなのが「コムタンスープ」。
白いスープが一番の特長ですね。
このコムタンスープとは、
牛肉や内臓も一緒に煮込んだもののことを言います。

やさしいながらも深みのある味わい、
もちろん味もおすすめなんですが、
コムタンスープには様々な栄養効果もあるんです。

まずは美肌効果。
コラーゲンも豊富に含まれているため、
女性にもとってもおすすめです。

そして疲労回復。
コムタンスープは滋養食の側面もあり、
具だくさんで牛の旨味も凝縮されています。

焼肉と一緒に、最後のシメとしても
おすすめの当店のスープ。
コムタンスープをぜひ一度ご賞味ください!

勇里庵 ~YURIAN~
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13176195/

キムチに関するうんちく

こんにちは!
牛処 勇里庵です。

焼肉には欠かせない前菜、サイドメニューは色々ありますが、
その中でも代表的なのはやはり「キムチ」ではないでしょうか。

旨辛なキムチはお酒や他の料理との相性も抜群、
食欲がさらに増しますよね。

このキムチ、もちろん起源は韓国にあります。
もともとは古代13世紀頃からある保存食なのですが、
日本で食べられるようになったのは近代になってから。

しかも昨今のような定番料理として親しまれるようになったのは
さらに最近で1900年代後半からなんです。

いまでは飲食店はもちろん、
スーパー、コンビニなどでも簡単に手に入りますね。

またキムチは栄養面でも優れモノ!
ご存知のとおり発酵食品なので、乳酸菌がたっぷり。
また食物繊維も豊富なので
お腹の調子を整えてくれる働きがあります。
他にも食欲増進や疲労回復の効果なども。

当店でお食事の際も、
ぜひご一緒にキムチをお召し上がりください!

勇里庵 ~YURIAN~
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13176195/

ソーセージうんちく

こんにちは!
牛処 勇里庵です。

みんな大好きソーセージ。
お子様のおやつやごはんのおかずから、
大人のお酒のおつまみにと、
老若男女問わず人気の料理ですね。

ちなみにこれも人気の「ウインナー」。
どちらもとても似ていますが、
実はウインナーはソーセージの一種と
言えるものなんです。

ソーセージにはたくさんの基準があり、
皮(腸)の部分をどの動物のものを使用するか、
製品の太さ、
などによってウインナー、フランクフルト、ボロニア
と名称が変わるんです。

当店でご用意しているのは
粗挽き・チョリソー・バジルの
「ソーセージ3種盛り」。
生ソーセージをこんがり焼いて召し上がっていただきます。
お酒のおともにもぴったり!
ジューシーなうま味と香ばしさがたまりません。

当店のこだわりソーセージも
おすすめの逸品です!

勇里庵 ~YURIAN~
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13176195/

牛のランク「A」ってどういう意味?

こんにちは!
牛処 勇里庵です。

当店はご存知の通り、A5ランク常陸牛をご用意しておりますが、
そもそもこのランク、「A」とは
どういった意味なのでしょうか。

この「A」とは「歩留まり等級」というものを指します。
A~Cまであり、
もちろんAが一番良いランク。

「枝肉」という、生体から骨や内臓などを取り去った
お肉を指す言葉があります。
この時に生体からとれる枝肉の割合が多いほど
等級が高くなるんです。
つまり同じ体重の牛でも、たくさんお肉が取れるほうが
いいお肉というわけなんです。

ついでにですが、「5」というランクは
「肉質等級」のことを指します。
これはお肉や脂肪の質を総合的に判定し
5~1までランク付けをしたものなんです。

つまり当店の常陸牛「A5」ランクは
どちらにおいても優れたお肉と認められたものなんです!

当店自慢のA5常陸牛、
ぜひお召し上がりください!

勇里庵 ~YURIAN~
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13176195/

冷麺うんちく

こんにちは!
牛処 勇里庵です。

当店のメニューでもご用意しております「冷麺」。
暑い日にはぴったりの
さっぱりしたメニューでご好評いただいております。

当店の冷麺は盛岡風で
和風白だしをベースにした味付け。

もともと冷麺といえば韓国が本場ですが、
日本では盛岡冷麺も有名ですよね。

盛岡の麵職人の方が、朝鮮半島に伝わる冷麺を
日本風に創作したのが始まりと言われています。

特長も盛岡冷麺ならではで、
コシが強くツルッとしたのど越し。
スープは牛骨や鶏ガラがベース。
そして具には欠かせないのがキムチ。
爽やかな酸味と辛味がスープ・麺によく合います。

そんな盛岡冷麺の特長を取り入れ、
さらに当店独自に開発をした
当店の特製盛岡冷麺。

ランチに、焼肉のシメにぜひ召し上がってみてはいかがでしょうか。

勇里庵 ~YURIAN~
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13176195/

8月が旬のお野菜

こんにちは!
牛処 勇里庵です。

まさに夏本番!
あいさつの第一声が
「今日も暑いですね~」ということもしばしば。
みなさんは夏バテなどせずに
元気にお過ごしでしょうか。

夏バテになるとついつい食欲もなくなってぐったり・・・、
でもそんな時こそしっかり栄養を摂ることが必要ですよね。

そこでおすすめなのが、旬なお野菜をたくさん摂ること!
栄養も豊富で、しっかりと水分補給できるものもあります。

例えば代表的なのが、
みずみずしさあふれるナス、
リコピンたっぷりなトマト、
おつまみにもピッタリな枝豆やキュウリなどなど、
他にもピーマン、トウモロコシ、かぼちゃ、ズッキーニなど
数多くあります。

当店でも旬の野菜盛り合わせ、として
四季折々の旬の野菜を
バーニャカウダソースでお召し上がりいただけます。

栄養たっぷり、おいしさ満点の夏野菜、
当店でもぜひお召し上がりください!

勇里庵 ~YURIAN~
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13176195/