月別アーカイブ: 2016年3月

わかめスープに込められた意味って?

こんにちは!
牛処 勇里庵です。

焼肉屋さんでスープも一緒に
頼まれる方も多いと思います。
中でも定番かつ人気なのが「わかめスープ」

日本では何気なく食べられている
わかめスープですが、実は焼肉の本場
韓国ではいろいろな意味が込められているのです。

韓国では、
「お祝いにはわかめスープは欠かせない」。

日本で言う赤飯のようなイメージでしょうか。
特に誕生祝い、出産祝いには
必ずといっていいほど食べられます。
特に産後のお母さんにとっては
栄養を補う意味もあるんです。

でも逆に悪い意味も。
ワカメがつるつるしてすべることから
、「試験に滑る→落ちる」という意味も。
なので試験の前日などには
絶対わかめスープは食べないそうです。

試験の前日には食べず、
晴れて合格してからお祝いとして食べる。
同じ料理でも食べるタイミングによって
全く違った意味合いになってしまいますね。

当店へお越しの際も、
なにかちょっとしたお祝い事があれば
ぜひみなさんで召し上がってみてはいかが?

牛処 勇里庵~YURIAN~
http://r.gnavi.co.jp/a709001/
yuri

まだ間に合います!

こんにちは!
牛処 勇里庵です。

この時期多い歓送迎会。

せっかくの一日ですから、
いつもとはひとあじ違うコース料理で
お話に花を添えてみてはいかがでしょうか?

本日は豪華なメニューの数々が
きっと大満足の「プレミアムコース」の
ご紹介をしたいと思います。

料理はボリューム満点全13品!
前菜としてキムチ盛り合わせ、
ナムル盛り合わせ、チャンジャ、チーズトッポギ、
そして自家製ドレッシングのサラダ

お肉の前に本日の海鮮焼きも
楽しんでいただきます(^^♪

そしてメインは当店自慢のお肉の数々!

タン4種盛り合わせからはじまり、
A5常陸牛厚切りサーロインステーキ、
ローストビーフ、希少部位の炙り寿司、
そしてダメ押しの極撰5種盛り合わせ!

A5ランク常陸牛を
存分にお楽しみください(^O^)

ここからは当店オリジナル茶碗蒸し、
A5常陸牛時雨煮茶漬け又はライス、
デザートでシメ♪

まだまだ当店では
歓送迎会のご予約受付中!

お日にち、お時間など
ぜひお気軽にお問い合わせください!

牛処 勇里庵~YURIAN~
http://r.gnavi.co.jp/a709001/

yurian

牛の胃袋のおはなし➁

こんにちは!
牛処 勇里庵です。

前回に引き続き、
本日も牛の4つの胃袋、
それぞれの特徴について
ご紹介したいと思います!

・第三胃「センマイ」
第四胃に入るものの量を調整します。
他にも大きなエサをより分けて
第1~2胃まで反芻する機能もあるとか。

つぶつぶのお肉は焼肉にするとコリコリとした食感へ。
1~2胃に比べるとくさみも少なくなってきます。

・第四胃「ギアラ」
ここでやっと胃液の分泌が見られます。
人間の消化器と同じ役割があるとされています。
ギアラは赤みがかった色と
程よい脂肪、濃厚な味わいが人気の部位です。

4つ胃があるといっても特徴も味わいも様々。
食べ比べてみるのもたのしいですね。

もちろん当店でも取り揃えておりますので、
気になる部位があれば
ぜひスタッフへご質問ください。

お客様のお好みにあった
お肉をおすすめいたします!

牛処 勇里庵~YURIAN~
http://r.gnavi.co.jp/a709001/
yuri

牛の胃袋のおはなし①

こんにちは!
牛処 勇里庵です。

牛に関する話しで有名なのが、
「胃が4つある」ということ。

焼肉屋さんでも4つ
それぞれ違う部位として提供しますよね。

では4つの胃、
それぞれどんな特徴があるのでしょうか。
本日は第一胃、第二胃について
ご紹介したいと思います。

・第一胃「ミノ」
植物の繊維を分解する働きを持っています。
肉厚で純白に近い色が特徴で、
切り開いた形が蓑傘に似ていることから
名づけられました。

淡白な味わいながら、
固めで独特の食感となっています。

・第二胃「ハチノス」
牛の特徴として「反芻」がありますが、
第二胃にはエサを食道まで
押し戻す役割があります。

見た目のとおり「蜂の巣」に似ていますね。
こちらも固め、においなど
ちょっとクセのあるお肉かもしれません。

4つある胃袋、それぞれ働きが違うことで
お肉としてもだいぶ特徴が違ってきます。

次回は残り二つの胃袋の
特徴の紹介をしたいと思います。
お楽しみに!

牛処 勇里庵~YURIAN~

yuri

歓送迎会におすすめコース!

こんにちは!
牛処 勇里庵です。

歓送迎会シーズンということもあり、
おかげさまで当店へもたくさんの
ご予約とお問い合わせをいただいております。

その中でよく聞かれる質問が、
「おすすめのコースってありますか?」というもの。

もちろんご用意しております!
その名も・・「勇里庵コース」!

お店の名を冠したコースだけあって
内容も充実のおすすめコースです。

前菜は
・キムチ盛り合わせ、ナムル盛り合わせ、チャプチェ、
そして特製の自家製ドレッシングのサラダ

メインのお肉は
・上タン塩も入ったタン塩盛り合わせ
・ボリューム満点おひとり様100gのクラシタロース
・なんといってもA5ランク常陸牛!
これを豪華6種盛り合わせ
(本日のカルビ2種・本日の赤身肉2種・ホルモン・ギアラ)

シメのご飯はA5常陸牛の
時雨煮茶漬けorライス

さらに最後はデザートもおつけしています!

歓送迎会という席にぴったりな豪華セット、
かつぎりぎりまでリーズナブルにおさえました!

おすすめの勇里庵コース、
歓送迎会の際はぜひ!

牛処 勇里庵~YURIAN~
http://r.gnavi.co.jp/a709001/
yurian

やっぱり栄養満点!

こんにちは!
牛処 勇里庵です。

レバーの健康効果の高さについて、
良いという話はよく聞きますよね。

では実際にレバーの
何がどういう効果があるのか、
本日ご紹介したいと思います。

レバーは「栄養の宝庫」
とまで言われる食材。

必須アミノ酸がバランスよく含まれ、
ビタミン類もレバー50gで
成人男性が1日に必要なビタミンAや
ビタミンBがまかなえるといわれています。

他にもレバーといえばやっぱり鉄分!
この鉄分、貧血予防の他にも
新陳代謝をアップさせる働きもあります。

レバーは女性にもとってもおすすめ食材!
先ほどの栄養素はもちろん、
カロリー低めなのでダイエット効果や、
美肌にもいいんです!

ただ残念ながら、レバーのにおいや味、
食感が苦手という方も
たくさんいらっしゃいます。

当店のレバーは新鮮で品質の高いものを
ご提供しておりますので、苦手な方も
一度お試しいただければ幸いです!

レバーを食べて
おいしく健康になりましょう!

牛処 勇里庵~YURIAN~
http://r.gnavi.co.jp/a709001/
yu

焼肉界の一番バッターといえば?

こんにちは!
牛処 勇里庵です。

焼肉界の一番バッター「牛タン」!
打って良し、走って良し、守って良しの
名プレイヤーですよね。

もちろん当店でも大人気の牛タンですが、
さらに楽しんでいただくために
たくさんの食べ方をご用意しております。

まず、当店の牛タンは
一般的なレモン汁などでは無く、
岩塩と和風だしポン酢で
召し上がって頂いております。

メニューも豊富!

まずは一番基本の牛タン。
とりあえずこれ!という方も
多いのではないでしょうか?

そしてさらに旨みが増した上タン塩!

ただ当店はこれだけではありません。
そう、
勇里庵といえばA5ランク特選常陸牛!
この常陸牛タン、
なんといっても旨みがちがいます!

さらに上のランクでご用意しているのが、
「極撰」常陸牛のプレミアム厚切り牛タン!
まるでステーキのような厚み、
なのに絶妙な柔らかさ!

また、その他にも常陸牛タン葱づくし、
常陸牛タンの西京漬けといった
メニューもご用意。

牛タンだけでもこれだけのメニュー!

満足していただけること
間違いなしと自負しております。
当店へお越しの際は自慢の
牛タンをぜひお召し上がりください!

牛処 勇里庵~YURIAN~
http://r.gnavi.co.jp/a709001/
yuran

歓送迎会、受付中!

こんにちは!
牛処 勇里庵です。

当店はお肉をはじめ、
数々の逸品料理をご用意しておりますが、
この時期から人気が特に出るのが
やっぱりコース料理。

そう、
この時期といえば歓送迎会のシーズン!
特に当店ではお肉を中心としながらも、
女性にもうれしい
「ヘルシー特得コース<全10品>」が今人気です!

キムチやナムル、チャプチェといった人気の前菜に、
ヘルシーでさっぱり、本日のおすすめサラダ、
逸品料理も一点お付けしています。

お肉はタン塩、国産鶏3種盛り合わせ、
そして厳選したA5ランク常陸牛盛り合わせ!

シメもちゃんとご用意!
常陸牛の時雨煮お茶漬けか
ライスがお選びいただけます。

最後はお口さっぱりのデザートをぜひ!

もちろんご予算によって単品の追加注文や、
とってもお得な飲み放題も承ります!

ただご注意ください!
この時期お店が大変混雑しますので、
ご希望の日時のご予約ができない場合がございます。

歓送迎会は
厳選したA5ランク常陸牛が自慢の勇里庵へぜひ。
お早めのご予約をおすすめいたします!

牛処 勇里庵~YURIAN~
http://r.gnavi.co.jp/a709001/
yuir