月別アーカイブ: 2016年5月

馬肉もあるんです!

こんにちは!
牛処 勇里庵です。

A5ランク特選常陸牛がおすすめの当店ですが、
牛肉だけにこだわっているわけでは無く、
当店でお出しするお肉には
全てこだわりを持っております。

その中のひとつが「馬肉」!

熊本県直送の新鮮な馬刺しの盛り合わせの他、
数量限定の特上レバー、特上霜降り、
赤身・コーネセットなどの
ご用意もしております!

そもそもこの馬肉、
栄養面でもとっても優れているお肉なんです。

馬肉にはからだをつくる上で欠かせない
鉄分・亜鉛が非常に多く含まれています。

またカロリーも低めなので、女性の方や
ダイエット中の方にもとってもおすすめなお肉です。

当店の厳選した熊本産馬肉。
おいしく食べてからだにも優しいなんて
最高ではないでしょうか!?yuri
焼肉もいいですが、当店の馬刺しも
やみつきになること間違いなしです!

牛処 勇里庵~YURIAN~
http://r.gnavi.co.jp/a709001/

見た目にも可愛い逸品!

こんにちは!
牛処 勇里庵です。

当店といえば、
そう「A5ランク常陸牛」。

希少部位も取り揃えており、
おかげさまでみなさまにも
ご好評いただいております。

でも当店の魅力はそれだけではありません!
様々な逸品料理もご用意しております。

本日はその中でもおすすめの料理を
ご紹介したいと思います。
その料理とは、「T・G・B」!!

ん?なんのこと??
と思われる方も多いと思います。
この「T・G・B」、
「たまご・牛・ボール」の略なんです。
これでもまだイメージしづらいですよね。

希少部位である「ザブトン」をすき焼き風に
卵に絡めていただき、
それをガーリックライスボールに
巻いて召し上がっていただく料理なんです!

牛肉のうま味、卵のまろやかさ、
ガーリックライスの香ばしさが
三位一体となった珠玉の逸品です!

味はもちろんですが、
見た目にも楽しいんですよ!

当店は他にもたくさんの逸品料理をご用意!
焼肉以外の料理もぜひお楽しみください!

牛処 勇里庵~YURIAN~
http://r.gnavi.co.jp/a709001/
yuri

虎マッコリをご存知ですか?

こんにちは!
牛処 勇里庵です。

焼肉に合うお酒は数あれど、
たまにはやっぱり焼肉の本場韓国のお酒、
マッコリもいかがでしょうか?

当店ではとってもおすすめの
マッコリをご用意しているんです!

その名も「虎マッコリ」!!

名前だけ聞くと、すごく強烈で
1杯で酔ってしまいそうな
イメージがしますが、この虎マッコリ、
むしろ飲みやすいマッコリなんです。

通常のマッコリと比べて甘すぎず、
すっきりとした味わいが特徴です。
お肉に良く合うさっぱりとした飲み心地。

無添加、非加熱で自然の風味が
とっても生きています。
こだわりの手づくりマッコリ、
それがこの「虎マッコリ」

ついついお酒が進んでしまうかもしれませんね。
希少品のため、気になったら
ぜひお早めにお試しください!

飲み心地など、お問い合わせは
ぜひ当店スタッフまで!

牛処 勇里庵~YURIAN~
http://r.gnavi.co.jp/a709001/
yuri

盛岡冷麺ってどんな冷麺?

こんにちは!
牛処 勇里庵です。

焼肉屋さんで食べる麺類といえば、
やっぱり冷麺ですよね。

つるつるシコシコ、あっさりめの味付けが
たくさんお肉を食べたあとの
シメにもぴったりですね。

ところで冷麺といえば韓国冷麺の他に
盛岡冷麺も有名ですよね。

でも実際に何か違いがあるのでしょうか?
今日は盛岡冷麺について
ご紹介したいと思います!

この盛岡冷麺ですが、
麺はかなりコシが強く、
表面はツルッとしていてのどごしがいいのが特徴。

スープはきれいにすきとおって、
なおかつコクとうまみがたっぷり。

また、冷麺に欠かせないのがキムチですよね。
キムチによって酸味・辛味もプラスし、
三位一体となっておいしさが倍増します。

本場の韓国では同じ冷麺でも
地方によって様々な違いがあるのですが、
それぞれの良いところを集め、
さらに味を日本人の好みにも合わせて
バランスよくしたものが盛岡冷麺なんです。

当店でも盛岡冷麺のご提供をしております。
さっぱりとしながらも
うまみしっかりの特製盛岡冷麺。

シメにもぴったりです!
ぜひお召し上がりください!

牛処 勇里庵~YURIAN~
http://r.gnavi.co.jp/a709001/
yuri]

「チヂミ」ってどういう意味?

こんにちは!
牛処 勇里庵です。

焼肉が有名な韓国料理ですが、
他にもさまざまな定番料理があります。
その中のひとつが「チヂミ」。

本日はそのチヂミの
由来についてご紹介したいと思います。

そもそもチヂミという名称は韓国の方言で、
標準語では「プッチムゲ」「ジョン」と言われます。

どちらも「平たく伸ばして焼いたもの」という意味。
そのままかたちを表しているんですね。

チヂミも本来は「チジム」なのですが、
日本では「チヂミ」という名称が一般化していますね。

また、「韓国風お好み焼き」といわれる場合もあります。
確かに基本的な材料は
日本のお好み焼きと良く似ていますね。

ただチヂミはお好み焼きに比べて
薄型で外側はパリッと、
内側はもっちりとした食感、
そして甘辛いタレがとっても良く合いますね。

日本でもチヂミ用の粉やタレが売られるなど、
とってもなじみの深い料理になりましたね!

当店へお越しの際も、
ぜひカリカリもちもちのチヂミを
お楽しみくださいね☆彡

牛処 勇里庵~YURIAN~
http://r.gnavi.co.jp/a709001/
yuri]

意外と知らない「チョレギ」ってなに?

こんにちは!
牛処 勇里庵です。

焼肉屋の定番サラダといえば?
そう「チョレギサラダ」ですね。
今やコンビニのサラダなどでも
見かけるようになりましたね。

ただ意外と知られていない「チョレギ」の意味。
「韓国語で生野菜にチョレギ特有の
ドレッシングをかけたサラダ」
だと思っていませんか?
実は本当は違うんです。

そもそも「チョレギ」とは韓国の一部地方の方言。
正式には「コッチャリ」といい、
「外側だけ漬けた」という意味なんです。
つまりは浅漬けということですね。

つまり本来は浅漬けキムチのこと。
日本では塩味ベースのドレッシングがかかった、
生野菜の「浅漬け」風サラダ
ということになりますね。

当店のチョレギサラダも
あっさりした風味が人気の一品。

焼肉のおともにもとっても良く合います。
ご来店の際はぜひご賞味くださいませ!

牛処 勇里庵~YURIAN~
http://r.gnavi.co.jp/a709001/
yuri

日本の海苔と韓国海苔の違いって?

こんにちは!
牛処 勇里庵です。

みなさんは「韓国のり」お好きでしょうか?

日本の味付けのりももちろんおいしいですが、
韓国のりはよりお酒のおつまみにも
ぴったりの味付けですよね。

一度食べたらついつい
手が止まらなくなってしまいます!

ところで「韓国のり」「日本のり」、
味はもちろん違いますが、
具体的にはどこがどのように違うのでしょうか。

韓国のりは一般的に表面に
ゴマ油を塩を塗ってあります。
それがあの香ばしい味の秘密なんですね。

また韓国のりは日本ののりと比べて
少し粗め、穴が空いていたりもしますよね。

これは製造方法の違いによるもので、
日本ののりはつくる際の枠組みの中に
細かく刻んで入れるのですが、
韓国のりは刻まずそのまま入れるそうです。
それがあの粗めの食感につながっているんです。

日本のり、韓国のりどちらもおいしいですが、
焼肉に合うのはやっぱり韓国のりですね。

当店へお越しの際も焼肉と一緒に、お酒のつまみに
ぜひご賞味くださいませ!

牛処 勇里庵~YURIAN~
http://r.gnavi.co.jp/a709001/
yuri

ナムルの由来

こんにちは!
牛処 勇里庵です。

焼肉を楽しむための縁の下の力持ち。

いろいろなサイドメニューがありますが、
今回は定番中の定番、「ナムル」の
語源、由来をご紹介したいと思います。

韓国語でナムルとは料理でいう「あえ物」。
ただもともとはナ(野)+ムル(物)で
野物=野菜という意味なんです。

もうなんとなくいつも食べている
ナムルのイメージになりましたね。

もともとは家庭料理のひとつで、
野菜や山菜野草を塩茹でし、
調味料やゴマ油とあえたもの。

韓国では食事のおともに欠かせないものでもあり、
まさに日本でいう「お漬物」というイメージですね。

いくら焼肉がおいしいといってもお肉だけだと
どうしても飽きがきてしまいますし、
野菜で栄養のバランスもとりたいですよね。

そんなときには箸休めとして
お口のなかもさっぱりする
ナムルはとってもおすすめ!

当店でも定番メニューとして
ご愛顧いただいております。

ぜひ焼肉のおともにナムル!
お召し上がりください。

牛処 勇里庵~YURIAN~
http://r.gnavi.co.jp/a709001/
yuri