月別アーカイブ: 2016年9月

焼肉とBBQの違いって?

こんにちは!
牛処 勇里庵です。

みんな大好き焼肉。
ただこの時期は
天気のいい日にそとでバーベキュー、
なんてのも楽しいですね。

バーベキューでもお肉は焼きますが、
じゃあ焼肉とバーベキュー、
違うものと言えるのでしょうか。

一応は区別はされていて、
・焼肉は薄めのお肉を炭火などで焼きながら食べる
・バーベキューはステーキや野菜などをすべて焼いてから
お皿に盛りつけるなどして食べる

とされています。

ただ今の時代、
焼肉屋さんで分厚いステーキを食べたり、
バーベキューに焼肉のタレを持って行ったり、
と自由に解釈しても構わない気がします。

なんとなく屋内は焼肉、屋外はバーベキュー、
というイメージもありますね!

どちらにせよ、お肉を囲んで楽しく食事。
いいですよね。

当店でお食事の際も、
楽しい時間をご提供できるよう
スタッフ一同努めてまいります!

牛処 勇里庵~YURIAN~
http://r.gnavi.co.jp/a709001/
yuri

肉屋が勧める!美味しい部位♪

こんにちは!
牛処 勇里庵です。

牛肉と一言でいっても、
部位によってお肉の味わいはさまざま。

種類も豊富なので、
どの部位がおいしいのか
悩んでしまいますよね。

そこで今日は肉の専門家が
おすすめの部位をご紹介しちゃいます!

・バラ肉(カイノミ)
やっぱり定番。
焼肉やステーキ、なんにでも
よく合うお肉です。
脂身が多いイメージですが、
部位がヒレとモモの隣なので
霜降り具合が絶妙!

・モモ(ランプ)
赤身好きならモモがおすすめ!
脂っこくなくさっぱりと、
そしてお肉本来のうま味が楽しめます。
いくらでも食べれてしまいそうですね。

・カタ(ミスジ)
場所としては肩甲骨の裏側あたり。
綺麗な霜降りが特長です。
赤身とサーロインのおいしさを
兼ね備えた希少部位。

いかがでしょうか?
この3つはお肉本来のうま味が
バランスよく味わえると思います。

当店へお越しの際も
ぜひ肉屋おすすめの部位、
お召し上がりください!

牛処 勇里庵~YURIAN~
http://r.gnavi.co.jp/a709001/
yuri

家庭で使える!牛肉保存の裏ワザ

こんにちは!
牛処 勇里庵です。

毎日のお食事でお肉を
使う機会も多いと思いますが、
いつもぴったりの量を使いきる、
という方が難しいですよね。

当然冷蔵、そして冷凍して
保存することになりますが、
ここで困るのがお肉の解凍。

おいしさを損なわずにするには
どうしたらいいのでしょうか。

一番大事なのが「急速冷凍・緩慢解凍」!

そこで気をつけたいのが以下のポイント
・冷蔵庫の開け閉めは控えめに
開けることによって温度が変化、
風味が損なわれる原因になります。

・空気による酸化
ステーキは1枚ずつ、スライスも
できるだけ小分けして
ぴったりラップがおすすめ。
こま切れやミンチなどは
どうしても空気が入ってしまうため、
冷凍といえどもなるべく
早めに使い切りましょう。

・自然解凍が一番!
自然にゆっくりと解凍させるのが一番おすすめ。
冷蔵解凍の場合は調理前日に冷蔵庫へ。
レンジを使う場合はキッチンペーパーなど
をしいて余分な水分を
吸収させましょう。
凍ったままの調理は厳禁です!

簡単ではありますが、
これらの点を踏まえるだけで
おいしさが違ってきます。
ぜひ一度おためしくださいね。

牛処 勇里庵~YURIAN~
http://r.gnavi.co.jp/a709001/
yuri

韓国の牛肉とは何が違う?

こんにちは!
牛処 勇里庵です。

焼肉の本場といえば韓国。
でも今や日本でも定番化していますよね。

ここでちょっとした疑問。
日本の焼肉だと良く「○○牛」
「国産和牛」という文字も見ますが、
韓国の牛、牛肉との違いはあるのでしょうか。

韓国には古来からの在来種として
「黄牛(ファンソ)」という
褐色種の牛がいます。

この黄牛が一般的にはなるのですが、
近年では改良も進められ
「韓牛」というブランド化がされています。

肉質についてですが、日本人にとっては
少し好き嫌いが分かれてしまうかもしれません。
柔らかさや口どけでは黒毛和牛に劣ります。

しかし歯ごたえ、肉本来の食感には優れています。
赤身が好き、という方には向いているかもしれませんね。

場所やお店が変われば肉や調理の仕方も変わる。
これは当然のことです。

お好みのお肉を見つける楽しみ、
これも焼肉の魅力の
ひとつではないでしょうか。

牛処 勇里庵~YURIAN~
http://r.gnavi.co.jp/a709001/
yu

オスとメスって味が違うの?

こんにちは!
牛処 勇里庵です。

牛肉、と一言でいっても
様々なブランドや部位によって
全く味わいが違ってきますよね。

ここで素朴な疑問。
同じブランド、同じ部位として、
じゃあオスとメスでは味は違うのでしょうか?

一般的な感想としては
「メスのほうがおいしい」と
感じる方の方が多いようです。
全体的に小ぶりなため肉のキメが細かく、
肉のうま味がしっかりしているように感じます。

ただ、オスも幼齢期で去勢されており、
これはおとなしくさせるためと、
肉質をメスのように
柔らかくするためともいわれています。

オスの方が体が大きい分、
メスに比べて霜降りの入り具合などが派手なのが
特長ともいえるでしょう。

もちろんどっちがおいしくて、
どっちがまずい、という話ではなく
好みの差によるところも
かなり大きいと思います。

当店は常陸牛1頭買い。
その日によって肉の味わいなども変わりますので、
食べ比べなども楽しいかもしれませんね!

牛処 勇里庵~YURIAN~
http://r.gnavi.co.jp/a709001/
yu

「国産牛」と「和牛」、何が違う?

こんにちは!
牛処 勇里庵です。

料理を頼むうえで、
その素材の産地はどこかというのは
今や重要なポイントですよね。

牛肉でも「国産牛」とか「和牛」と聞くと
おいしそうなイメージだったり、
安心して食べられるような
イメージもありますよね。

でも実は「国産牛」と「和牛」、
もちろん和牛自体、
国産牛に含まれるのですが、
商売上では区別されているんです。

国産牛には・・・
・乳用牛だがオスなので乳を出せない、
ホルスタイン種のオスの去勢牛(別名「若牛」)か、
搾乳期を終えたメスの同種
・乳用牛のメスに和牛の種を仕込んだ交雑牛(別名「F1」)
・アンガス種など食用の外国種を国内で育てたもの
も含まれるのに対し、

和牛・・・
品種としての呼称で、
「高品質」「ブランド」というような
意味合いの方が強くなります。

つまりは数ある国産牛の中で、
和牛はグレードの高いブランド牛
というとらえ方になるわけです。

お店ではメニューの表記など
気をつけて見てみてはいかがでしょうか?
もちろん当店でもこだわりの牛肉を
厳選してご提供しております!

牛処 勇里庵~YURIAN~
http://r.gnavi.co.jp/a709001/
yu

焼肉屋が教えるおいしい焼き方!

こんにちは!
牛処 勇里庵です。

暑かった夏ももうすぐ終わり、間もなく食欲の秋。
食欲の秋といえばやっぱり焼肉!笑

ということで今日は
焼肉屋が教えるおいしい焼き方を
部位ごとに特別にお教えしちゃいます!

・カルビ
肉の厚みにもよりますが、表をカリッと焼いてから
裏面は全体に均一に火が通るように。
薄めのカルビの場合は焼きすぎになる
場合があるので注意しましょう。

・ロース
カルビに比べて脂が少ない赤身です。
脂が少ないので表面をサッと焼くだけで大丈夫。

・タン
薄いものは片面を焼いて火を通すくらいでOK。
厚めのものは弱火でじっくり焼きましょう。
焼いたあとに少しおいて肉汁を
落ち着かせるのもポイントです。

いかがでしょうか?

もちろんお好みによって
焼き加減は変えていただいて大丈夫!

当店のこだわりお肉、絶妙な焼き加減でおいしく
お召し上がりください!

牛処 勇里庵~YURIAN~
http://r.gnavi.co.jp/a709001/
yuri

なぜ「ホルモン」と呼ぶの?

こんにちは!
牛処 勇里庵です。

焼肉を食べるうえで
カルビやロースなどの有名どころの陰に
ついつい隠れがちな食材。

見た目の派手さは無いけど
いぶし銀の技が光るベテラン選手、
とでもいいましょうか。

そう、それは「ホルモン」。
根強い人気がありますよね。

でも「ホルモン」という言葉、
ちょっと医学用語っぽくも
聞こえますよね。

本日はなぜ「ホルモン」と呼ぶのか、
その語源を調べてみました。

そもそも「ホルモン」とは
体内の組織や器官の活動を調節する
生理的物質の総称。となっています。
つまりは内臓とか腸=焼肉屋でもホルモンと
呼ぶことになったんですね。

一説によると関西弁で
「捨てるもの」を意味する
「ほおるもん」を
語源とする場合もありますが、
捨てるものを料理名にするのは
印象が悪いため、
上記のような説が有力とされています。

兎にも角にもホルモンは
栄養たっぷりで健康や
美容対策にもおすすめ!

当店へご来店の際も
ぜひお召し上がりください!

牛処 勇里庵~YURIAN~
http://r.gnavi.co.jp/a709001/
yuri